2016年11月8日火曜日

朝は気温5℃ 紅葉の始まりを感じ、夜は習志野で砂田と親子三人で登る


昨夜は上田さんから木内さんへの思い出をつづるメールがあって、少ししんみりした
来月12月4日はヒマラヤニスト木内さんの命日である
亡くなる一週間前に見舞いに行ったときに
「筑波山はふるさとの山 賀来さんと一緒に登ってビールをのみたい」
と言っていた
筑波山の山頂に近い岩場に腰掛けて静かに酒を飲みながら遠い夜景を眺めてみたいと時々空想することがある

さて本日
出勤の為に7時半に自宅を出る時の気温は5℃ これは霜が降りる寸前の気温だ
長袖のボタンダウンにソフトシェルジャケットを着てJR幕張駅から歩いていると最初は寒さを感じたがやがて体が温まってポカポカしてきた
ふと気がついたが通勤途上にあるイオンの前の街路樹も紅葉が始まっていた

今日は火曜日なので習志野の日である
いつものとおり妻と私は自宅から習志野へ向かい、息子は大学から直行した

とはいっても第二火曜日なのでクライミングウォールのメンテナンス日
ひとまずはそれぞれのルートのテープの張替え
我が家はトップロープ壁の左を担当
赤四角の5.10a・水色四角5.10b・紺十字5.10c・白バー5.10d・白十字5.11aなどをメンテナンスしていく
赤四角5.10aは5.10c相当になっているのでテープが剥がれたのかもしれない
一応、メンテナンスが終わったところで水色四角5.10bを妻が登る
おっと!一撃でした ムーブの基本に忠実であればクライミングを始めたばかりの体脂肪率○○%の57歳のオバサンでも5.10bレベルなら楽に登れるということですね
日曜日の印西に姿を見せなかった砂田は大阪へ仕事で出張していたとのこと
551蓬莱の海老シュウマイを土産にもらった
メンテナンスが一段落してからは、それぞれに登った
帰宅してから551の海老シュウマイを肴にして一杯やった







0 件のコメント:

コメントを投稿