2016年11月5日土曜日

筑波山の帰りに立ち寄った安食の割烹「金田屋」


松花堂弁当

一昨日木曜日の夜、クライミングを終えて駐車場へと歩きながら砂田がいう
「安食に日本料理の店があるんだけど、庶民的な値段で結構美味しい その店で岩崎と三人で忘年会やんねぇか?」
「へぇ・・・安食みたいな田舎にそんな店があるのかい 是非忘年会やろう お酒を飲まない女房に運転してもらえば、俺たちは酒がのめる」
で、その店が気になってネットで検索してみたところ創業1890年の老舗割烹「金田屋」ということがわかった
今日は土曜日なので、例のごとく筑波山を登ってから夜は習志野でクライミングのつもりで朝5時過ぎに自宅を出た
運転していて良いアイディアが浮かんだ
それは筑波山の帰りに「金田屋」へ立ち寄って昼食をとろうというものだ

今日の筑波山は山頂付近にガスがかかって霧雨となっていた
いつもの通り山頂直下の東屋でコーヒーを淹れてクッキーを食べた
厄介だったのが筑紫湖から薬王院までの森にスズメバチがいることだった
下山時に妻が危うく刺されるところだった
もう11月だというのにスズメバチがこれほど活発に飛んでいるとは思わなかった
しばらくこの道は使わないほうが良いだろう

さて、11時に下山し安食に向かう
安食には高校の後輩で鹿山会登攀クラブ会員の早野君の実家があるし、高校時代に仲の良かった友人が住んでいたりとなじみのある町だ
割烹「金田屋」には12時半に到着
店は繁盛していた
妻は「野点すし弁当」 私は「松花堂弁当」
美味しかった
又来よう

野点すし弁当



大腿四頭筋が悲鳴を上げても限界までガンガン登っていく
この階段こそ素晴らしいトレーニングの場


平地は晴れているようだが、山頂部にはガスがかかって霧雨模様だった

山頂部の木々の様子

東屋でコーヒータイム
肌寒くジャケットを羽織った

帰りがけに酒寄のみかん農園で「フクレみかん」と「七味」を買った

0 件のコメント:

コメントを投稿