2016年11月16日水曜日

復旧が進む習志野の夜

今年の習志野コンペの象徴だったドーム状ホールドが撤去された


今夜も妻と息子と三人で習志野で復旧作業
昨日のブログにも書いたがとにかく易しいラインを設定しようと心がけた
その上で世界標準に適合した適正なグレーディング、つまり評価を行う

本日も昨夜に続いて垂壁であるA壁に取り組んだ
このA壁に5.5、5.6、5.7、5.8、5.9のルートを設定したい
このように設定できれば、まったくの初心者のステップアップの基準になるのではなかろうかという構想である

息子にビレイしてもらいながら特大ガバホールドを六角レンチで追加していく
大まかな設定が終わってから妻に試登してもらい、妻の意見を参考にしてホールドを追加する
ようやく設定が終わり、登ってみたところUIAAグレードでⅣ+からⅤ-程度 デシマルでは5.5といったところか

明日は印西と習志野のダブルブッキング
習志野あるいは印西・・・どうしようかなぁ

昨夜設定した紺四角5.11aの核心部
左手のホールドに乗り込む一連のムーブ






会社の前の街路樹も色づいた

本日の社員食堂での昼食