2016年6月17日金曜日

西日のあたるクライミングウォールのシルエット

ロープを結んで壁を見上げる妻とビレイヤーの息子
二人のシルエットがウォールに写る

出勤時から蒸し暑かった
JR幕張駅のツバメの雛も巣立ちが近いようだ
汗が滴り落ちるのがいやで、ちんたら歩いていたら住友ケミカルビルの前で、このBlogを閲覧いただいている方からお声をかけていただいた ちょっぴり驚いたけれどありがたい話だ
お名前は存じ上げませんがありがとうございます

いつものVBAによるプログラミングから一変し、朝からとても忙しかった 第一線のラインから緊急のHELP要請があったからだ
三つの業務を並行処理している瞬間があったりしてあっという間に一日が過ぎ去った
お楽しみの昼食は「黒マー油ラーメン」にしようか「カレー南蛮」にしようか少し迷ったがカレー南蛮にした 美味しかった

今夜は習志野の予約日だけれど時間が17時から19時
15時半に終業する私でも17時に習志野の体育館へ行くのは容易ではない
15時32分にオフィスを出て、汗だくになりながら2kmを25分で出歩きJR幕張駅発16時01分の総武線に乗車することが出来た 四街道に16時31分に到着するとやや遅れて、金曜日は講義のない息子が運転して迎えに来てくれた このまま習志野市東部体育館へ直行 16号を横切るまでが渋滞した 体育館到着は17時15分

到着してしばらくは西日が差し込んで体育館の中は暑かったが、やがてエアコンが効き始め涼しくなった 通常では空調を入れてくれない印西だったら熱中症になりかねない
17時開始なので通常の勤労者は参加不可能 私のような定年退職者とご婦人のみ

19時までしっかり登る
妻は3本 前傾壁の5.9を繰り返しリードできるようになったので、5.10aにとりかかった
息子は前傾壁2本 垂壁5本 相変わらず垂壁は強いなぁ・・・
息子が妻のビレイで前傾G壁を登っている時、私が偶然H壁の終了点にクリップして「テンション!」とビレイヤーのAさんに告げたところ、妻は息子がテンションと言ったと勘違いしてロープを目一杯引いたらしい
「やめてくれぃ」という息子の声にG壁を見ると、息子は前傾壁のど真ん中で必死に耐えており、思わず笑ってしまった
私は前傾壁3本 垂壁4本 相変わらずぱっとしないが、火曜日に息子がオンサイトした5.11aをやってみた 息子の話では終了点直下の一手までは5.10dと同等との話だったが、下部、中間部それぞれに難しいムーブがあって、テンションを交えながらようやくトップアウト
ガックリ!

クライミングが終わって体育館の外に出てみるとむっとするような熱気
体育館内の冷房のありがたさに気がついた
妻によるとSAVASが残り少なくなったということなので、家路の途中のスーパーマーケットでココア味を購入した

この週末は土曜日の午前中は骨折の診療、午後から富士山へ行く予定だったが、ヨシキスポーツの吉野社長から日曜日に実施される習志野のクライミングフェスティバルの手伝いを依頼された
吉野社長の依頼の優先度は高い よって富士山は中止 
日曜日のフェスティバルは17時半に終了するので、それから砂田・岩崎と一緒に印西で登りなおしたいものだ








72.50kg