2016年6月18日土曜日

骨折経過診断と「クライミングフェスタ」会場設営



暑かった
関東地方でも6月だと言うのに猛暑日35℃を記録した地域があった
午前中は三ヶ月ぶりの右足天蓋骨折の診断だった
あの骨折から、ちょうど一年になる
一年経ったのにまだこのような回復状態かとも思えるし、主治医からクライミング再起不能を予測されていたことを考えると、こうして毎晩のようにクライミングが出来るようにまで回復したことに感謝すべきかとも思う
骨の接着は完了したが、関節内に骨片があり、これが痛みの原因になっているとのことだった
この骨片の除去手術は困難なもので、場合によっては除去できない可能性があるらしい
ひとまず来週25日にCT撮影を実施、7月2日に評価しましょう、ということになった

午後から少し自宅ボードで遊び、夕方から妻と習志野へ行った
明日行われる「習志野ファミリークライミングフェスタ」の会場設定のためである
クライミング人口の拡大の為に無償奉仕として、近郊のクライマーが手伝う

17時から20時半までがんばりました
空き時間に少しくらい登らせてくれるかな?という淡い期待を持っていましたが、願いは叶わず
私としては合間に数本登らせてもらえれば大満足なんです
明日はアリーナすべてを借り切って9時から17時30分まで「習志野ファミリークライミングフェスタ」
競技全体で640回のビレイが必要だ その内の何割かを担当することになりそうだ

もし、フェスタ終了後、壁を数回登らせていただけるようであれば、それで満足だが、叶わない場合には19時から始まる印西へ行きたい

詳細は以下のリンクをご参照ください
2016習志野ファミリークライミングフェスタ

ヨシキスポーツの吉野社長が世話役


子供用のハーネスだけで54個用意された

72.30kg