2016年6月7日火曜日

息子との垂壁セッション完敗 一ノ倉沢か富士山か

母親の面倒をみる息子

梅雨入りしてどんよりとした曇り空が広がっていたが、一日雨粒が落ちることはなかった
じっとしていれば涼しいくらいだったが湿度は高く、早足で歩くとじっとりと汗ばむような陽気だった
昼食は広東麺523kcal
酢を入れるとさっぱりして美味しいネ
帰宅途中でヨーカドー前の14号の横断歩道で定期券を拾得 16歳の高校生のもので、半泣きになっていることだろう 京成幕張・公津の杜間の定期券だったので京成幕張駅に届けた

夕方は妻と習志野
息子は大学から習志野へ直行
19時10分に妻が登り始めようとした時に息子到着
砂田を交えて以降はいつもの通り

妻は前傾壁3本
息子は前傾壁2本、垂壁3本
私は前傾壁3本、垂壁3本
息子と垂壁の5.10dでセッションをしたが、まったく息子に歯が立たなかった
くやしい!
クライミングが終わってから車の中で親子三人で夕食代わりのSAVASを飲み干す

帰宅してから今月の予定を息子と相談
今週末の息子は日大山岳部のコーチとして穂高入りなので、土曜日は妻と筑波山&インドア
日曜日はカトリック西千葉教会でミサ

来週末は土曜日の午前中が私の骨折診療で、日曜日は19時から印西インドア
6/1810:00から6/1919:00まで、つまり一日半空いている
この一日半をどうしようかということになった
案の一つは一ノ倉沢で、もう一つが富士山だった さてどちらにしよう
息子の考えでは一ノ倉沢は楽しいけど実力アップにはならない
確かにクライミング能力向上にはまぁ役に立たないわな マルチピッチクライミングのビレイシステムを理解している息子にいまさら教えることは多くはないが現場の経験を積ませたくもある そう考えると場をあらためて穂高屏風岩などを登るほうが気が利いているようにも思う
結局、富士山なら早めに帰宅できれば印西へ行くことも可能なので富士山に決定
ただし、悪天候の場合の予備案は別途考える必要がある

再来週は今のところはインドアの予定だが、土曜日は外岩か富士山でもいいかもしれない






71.75kg

0 件のコメント:

コメントを投稿