2015年5月17日日曜日

電通大山岳部OBと登る二子中央稜と妻の両神山単独行

一日順延となった二子山中央稜
初夏の日差しを浴びながら楽しいクライミングを堪能することが出来た

さて本日の詳細
妻も山歩きをしたいということで助手席に乗せて四街道の自宅を3時30分に出発
長沼の24時間オープンのスーパーマーケットで朝食と昼食のおにぎりを購入し島田教授の自宅へ向かう
島田さんをピックアップして集合場所の道の駅「はなぞの」到着が5時55分
福田さんはすでに到着しており、私の車に同乗していただき6時ジャストに出発

両神山へ登る妻を小鹿野町の坂本でおろして股峠へ向かった
7時10分に股峠到着
先着の車は1台だけ
どうやら私たちが中央稜一番のりのようだ
島田さんと福田さんのギアの中にキャメロットやヘリウムフレンズがあったので四つほどチョイスして携行

ギアの整理を行って各自の分担を決め、股峠を経て中央稜の取付までのんびり登る
15分ほどで取付点到着
8時08分登攀開始
1ピッチ目:フェースを直上して右へトラバース
2ピッチ目:気持ちの良いフェース
3ピッチ目:30mのクラック
4ピッチ目:短いがハンガーボルト1本のみ、到着したテラスは浮石が散乱しており要注意
5ピッチ目:気持ちの良いフェース
6ピッチ目:スラブから凹角を直上
10時58分登攀終了
西岳の山頂まで移動して昼食
最高の天気で妻が登っている両神山が目の前にくっきりと見える

11時35分西岳山頂をあとにして下山開始
股峠駐車スペース帰着11時55分

シングルピッチのギアにチェンジし完全にパンップアップするまで登りこみ15時撤収

小鹿野坂本で妻を回収し帰路についた