2015年7月14日火曜日

手術後6日目


今日は朝から真夏の一日となった
風も強く昨日以上の熱風が吹いていた
群馬県の館林では39.8度を記録したと報じられている

お昼頃、私も病院の前庭へ出てみたが猛烈な熱気を感じた
とはいえ病院の中でエアコンにならされた体が、ほんの15分ほど熱気にさらされたとしても、汗が噴き出すまでには至らない

今日も朝からモバイル接続で会社の仕事をかたずけながら、点滴・リハビリ・患部の包帯交換・洗浄などを受けた
午後16時ころに妻が来てくれた
病院の中は26度に設定されているのでとても快適に感じたに違いない
さっそく冷蔵庫に保管しておいた石川さんからいただいたシュークリームを二人で食べた
妻も大喜びだった



さて、今日ナースステーションのいくつかある掲示板の一つに毎食の献立一覧とカロリーが掲示されていることに気がついた
病院の献立のカロリーが想定していたよりも高かったのには少なからず落胆した
毎食のカロリーは650kcalから700kcalで一日トータルでは毎日2000kcalを超えていたのだ
これはまずい
安易に缶コーヒーなどを飲んでいたらとんでもないことになりそうだ
毎日一時間のリハビリだけの運動しかしていないから退院時には、筋肉が減って、そのうえ体重が増えるという最悪のシナリオになりかねない
特にご飯の量が多い 毎食220gのご飯だからこれだけで一食370kcalほどになる計算だ
今日の夕食からご飯の摂取量をコントロールすることに決めた

もう足の痛みはほとんど感じないが、包帯交換時に見た手術跡の腫れは相変わらずひどく、われながら痛々しいほどだ
それでも、この猛暑の日々ですら、あるときふと気が付くと秋風が忍び寄っていることを知ったりするものだ
私の右足もそのように少しずつ快方へ向かっていくに違いない

18時過ぎに妻を見送るために外へ出た
すでに日中の熱気は遠のき、吹いてくる風には涼しささえ感じるほどだった
明日はAGS-Jの理事会である
私が担当している事業計画の詳細審議があるので、妻が帰宅した後、少し夜なべをして審議資料を作成し関係者へ送信した

明日から明後日にかけて九州では台風が縦断するかもしれないと天気予報は報じていている
明日もまた平和な一日であれと思う



妻を見送った後、西日が長く差し込んでいるのに気が付き、思わずシャッターを切った